2008年01月27日

先輩スカウト

先輩スカウトの存在はあったほうがいい。

それは間違いないと思う。

ところが今のうちのVS隊のスカウト、特に高1のスカウトには
先輩と呼べるスカウトがいない。

いや、もちろんある時期には先輩は存在したが、彼らがBS隊で2年目
を迎えるころには退団したり、活動に来なかったりで実質的に先輩の背中
を追うことはできなくなっていた。

VS隊に上進した際にはその上進式の一週間前にそれまでVS隊に登録
していた2名の先輩スカウトが相次いで退団した。
それまでもほぼ活動には出ていなから実質はあまり変わらないのだが
ともあれ、そんな事情で彼らには先輩スカウトがいない。

私のようにスカウト経験のない指導者にはこの先輩がいない、ということの
意味が体験的に理解しずらい。

不遜な言い方だが「ダメな先輩ならいないほうがいいじゃん」と思ってしまう。

ところが、スカウトの立場からするとやはり先輩がいたらなぁ、と思うこと
は結構あるらしい。

活動そのものは自分達が頑張ればなんとかなる。
でも、雑談とかリクレーションの時間に先輩の存在があったらなぁ、と
思うことが多いらしい。


先日、うちの議長ともう一人のスカウトとミーティングが終わりある店で
コーヒーを飲みながら雑談していた。

「あれっ?」という声がして振返ると私の後ろに元スカウトの一人が
立っていた。

昨年、ある国立難関大学に合格したうちのOBである。
BSではそれなりにがんばったスカウトである。 最終的には菊スカウトに
進級した。

ところがなにがどうしたのか知らないが、その授与式に本人は来なかった。
その直後VSに上進したが、(この年に私はBS隊の指導者になった)
ほぼ活動はなかった。 地区のフラッグ隊に参加しそちらの活動は一年間つづけたことは知っている。
そのフラッグ隊経由の参加で13NJにも参加した。

それまでの団の歴史のなかではそれなりに優秀なスカウトだった。
だが、VSとしての活動はほぼないし、アワード取得もない。
隊の体制のとばっちりを受けた、ともいえるだが団行事への参加もほぼ
なかった。 最近はRSへの登録は保護者からの申し出でしていたがそれにしても
登録だけでここ数年どんな場面だろうと顔を見ることはなかったしこんどの登録では非継続になる。

そんな「元」スカウトが先輩スカウトとして姿を現した。
その場に居合わせたスカウト達は議長は顔は覚えていたが、もう一人は顔も
記憶がないと言い切った。

それから、その場で私たちがPJの経過について話をしていたのを受けて『自分の経験』を話し始めた。
だが、このスカウトにPJの履歴は無い。 アワード取得もないしVS章はとったらしいが、そのレポートは団には残っていない。

その話を聞きながら私は、そのスカウトには悪いが非常に不快な気分に
なった。 まともな活動をしていなかった「元」スカウトが虚構を取り混ぜながら経歴をひけらかす、そのことが不快だった。
活動に魅力を感じずに活動から足が遠のいたのならそれはそれでいい。
だが、それならば何故、「先輩面」して後輩の前で風呂敷を広げたがるのか?
本人はアドバイスをしているつもりかもしれないが、その「元」スカウトがやっていた
スカウティングとは似ても似つかないことを今のうちのスカウトは実施している。

懐かしさでお茶でも一緒に、ならばそれでいい。
たとえある時期とはいえ同じ団で活動した仲間である。 懐かしい話に華を咲かせよう。
だが、「自分は富士は取る気はなかったから」とまずいい訳をしてから
訳のわからん自慢話をひけらかすというのは受け入れられない。


実は以前にやはりVS時代、RS時代(今でもRS年代だが)に何も
してこなかったOB(現隊指導者)が『先輩としてアドバイスしたい』と
言い出して隊長(オレだ)にことわりもなしにVSスカウトに召集をかけていた。

ソッコーで本人に連絡して「先輩が『たまにはお茶でもおごってやる』といって活動帰りにコーヒースタンドかどこかで皆にジュースでも振舞ってしばしおしゃべりならば是非おねがいしたいが、ミーティングであるのなら隊長承認なしでは困る」と話した。

とたんにその召集を中止してそれ以来VS隊に寄り付かなくなった。


活動らしい活動ができていなかった世代からみたら今の隊はたしかに
うらやましいだろう。 事実、前述のOBはうちの今のVS隊をみて
「もういちどベンチャーをやり直したい」と口にした。

しかし、先輩面をすることを第一義としていまのスカウトの前には立って
ほしくない。


やはり先輩にはその後姿で後輩を引っ張っていってほしいのである。
posted by It's classified. at 15:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80901140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。