2007年11月05日

WB研修所・・・ナナメ目線

WB研修所に行って来た。

これまでに研修所3回、実修所1回。
行って損したと思ったことは皆無。
それどこどろかこれまでの人生でも上位にランクされる
感動体験を味わってきた。

運もいいのだと思う。
あたりはずれがある、と言われるWBの所員やチューターで
「これははずれかもしれない」と感じたのはほんの数名しか記憶にない。

それでも毎回、これはどうなんだろうか? と思うことがある。
現場指導者にはどう見ても見えない方が若干名参加されている
ケースがほとんどである。

大抵は団委員長、またはそれに準ずる方だと思われるのだが
どうにも気になる。

実修所の場合はコミになる為に仕方なく・・・というような
生臭い動機も場合によっては存在するのだが研修所ではどうした
コトなのだろうか?

いや、もちろん団委員長や団委員が参加していかんというのではない。
それどころか多くの場合はほかの隊指導者よりも高齢であるにも
関わらず精神的にも肉体的にも負担の大きいWBに参加するその
心意気には素直に頭を下げる。

が、多くの場合、その参加中の様子が気に掛かるのである。
課業にも班の生活部分でもそれなりに一生懸命活動されている。
そこに疑いはない。

でも、なぜか違和感を感じるのである。

その違和感はなんなのか、と考えてみるとご自分の殻(観念)
から出てこないことなのだと思う。

現場での指導経験が浅ければ実際の隊運営に関しては知識が
限られているのは致し方ない。 しかしこれは就任したての
隊指導者だって同じことである。

どうも彼らは「のめりこむ」ことをしないケースが多いよう
に思う。
ご存知の通りWBではグループワークも個人作業もあるし、その
結果の発表もある。 自分の意見表明もある。
こうした際にこれらの方々は際立つのである。

決してご自分から手を上げることがない。
もちろん一部の参加者を除けば最初のセッションから手を
あげまくる私のようなアホウは少ないが、それでもこの活動
の基本が「自発活動」である。 誰かに指名されて、とか順番
が回ってきたからなどというのは愚の骨頂である。
セッションが進むうちにほとんどの参加者はどこかで自分の
殻をやぶり自分から動くことを選択し始める。
そして、自分の発表や意見を傾聴してくれるスタッフや仲間に
勇気付けられて味をしめていく。

でも最後までそれをされない方が居る。

なんとももったいない話である。


どこの団にもそれぞれ事情がある。
必ずしも自ら望んでのWB参加ではないのだろう。
それはいい。 しかたがない。

しかし、実際に道心門をくぐったのならば世俗でのしがらみ
や立場、観念を棄てて4日間、のめり込みWBの一部になって
みてはいかがだろうか。

ベタな表現だが、本当に心が表れる瞬間がある。
この活動に出会えたことに感謝する瞬間がある。
指導者としてこの研修をうけ、その成果をスカウトの前で
見せる日を想い誇らしく感じる瞬間が必ずある。
・・・・・のめりこむことさえできるのなら。


醒めた状態でWBに存在すること、
スタッフにもほかの参加者にも、そしてなによりもご自身に
とって不幸といわざるを得ない。

地上の楽園とは4日間、のめりこむことが出来た人だけが
見ることのできる世界なのだから。



posted by It's classified. at 19:52| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多分そのオッサン

《赤の胸章ほしかった》

だけじゃないかな〜。
コース上での【お客さん】は厄介だな。

これはも〜気合いの入った所員に

《貴様ァ〜、ぶったるんでる!!!》

とヤキ入れてもらうしかない。

昔のギルウェルコースの【武勇伝】聞くと

《一度実修門の門をくぐったら、期間中に身内が亡くなっても帰れなかった》とか言ってたからネ。

当時お客さんなら【営火の松明代わり】だな(笑)
Posted by ibcjap1 at 2007年11月06日 13:54
いや、そうした胸章欲しさ、というのは確かにいままでに何度も見てきた。
そうしたケースは必ずどこか生臭い臭気が漂っているのですぐにそれとわかる。

今回のはそうしたものではなさそうだった。
どちらかというと「立場上いたしかたなく」という
感じといえばいいかな。 しかもそれでいて「いやいや」というものでもない。

奉仕の心は常に持っている。
スカウト活動に重要性も理解している(頭では)
そしてRSが上手くいっていない。
それは指導者に有資格者、講習をうけてこの課程を理解しているものがいないから、というようなことが団で問題になる。
誰かが行かないとならない、でも誰も手を上げない。

そこで責任上しかたなく・・・なのだと思う。
これがいやいやというくらいならそんな団指導者もとっとと辞めているのだろうから。

だから残念だけどこうした方が団に戻ってRS隊を担当してもその団のRS隊の状態は変わらないと思う。

うちがまさにその通りで従来ずっとRS隊長は無資格だった。 スカウトは複数登録はしていたが隊活動は実質なしで夏キャンプで他隊奉仕にでるのと地区のRS連絡会でフラッグ隊のOB連中でたまっていることしかしていなかった。 そしてそれでも存在しているだけまだよかった。

そして、その状態にかげりがみえてきて、BVS隊長を上がった方に白羽の矢がたって関東1期に参加した。 その方は動機では「しかたなく」であっても現場に入ればのめりこむ方だったので研修ではお客さんではなかったはず。 それでも団にもどってRS隊長に就任して2年、結局活動を取り戻すことは出来なかった。

ついでに書けばその後、昨年度RS隊長を引き継いだのが団生え抜きの指導者でずっとBSの隊長と副長を担当していたかた。 結局RSで登録している連中がBS時代に担当していたので他の方に比べれば遥かにスカウトとのパイプは確保されているから、という理由。
でも結局、実質の活動は展開できずに隔月でスカウト2名と居酒屋にいくくらいのことだけで任期がすぎて、今期RSは全てRS登録をやめて隊指導者の専任で登録しRS隊は隊登録をやめた。

この生え抜きの元RS隊長も今回関東5期に参加していたので
VS連中が上進するときに団がRS隊長をアサインするようなことがあったら面倒なんだけどね。

事前に仕込んでスカウトから逆指名させちゃおうか。
Posted by 席亭 at 2007年11月06日 21:56
そうそう《逆指名》

RSは隊会議で推薦された指導者が、団の承認を経てアドバイザー出来る訳だからそれが良いね。
Posted by ibcjap1 at 2007年11月07日 23:12
こんな事言うと何なんですけど、スカウト活動の当初は、隊長をスカウトが引っ張ってきたんですよね。

実は先日、自隊のVSのキャンプにお邪魔した時に、「こんな指導者は要らないと言ってしまえ。」と言ったら、「いや〜。無理ですよ。」と言われてしまった。
だからと言って、スカウトに媚びる指導者になるつもりはもうとうないが、スカウトを信じ、守ってやれる指導者になりたい。
Posted by 真田一門 at 2007年11月10日 02:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。