2007年10月31日

タイトル変更

昨日、あわてて作成したブログだったのでブログタイトルも
なにも考えていない、しょうもないものだった。

一日たって、少しは格好をつけようとタイトルと説明文を
変更してた。

秘密結社っぽくSkall & Bonesっていうのも考えたのだけれど
(イェール大学の秘密クラブね) 「もぐり」っていう語感が
気に入ってこちらにしました。

もぐりですから人目を忍んで、お誘い合わせの上お出ましください。

明日から数日は更新ができません。
ご了承ください。
posted by It's classified. at 19:03| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実質的には人目を忍んでコソコソは苦手なんですが、正論が正論として受容されない時勢にあっては地下活動も止む無しですね。「潜り」ですか〜「潜行」でも良い様に思います、Resistanceっぽく。
Posted by .Net at 2007年11月02日 07:43
「くろ」さんのblogに登場される温故知新さんから未だにレスが頂けない上、捕捉も出来ません、「日本でのwfis/bpsaの関係者と電話で話した」との記述の話が聞きたいのにね.....検索キーワード「ボーイスカウト温故知新」でgoogったら以下の坂本さんのblogがhitはするんだけど、坂本さんが温故知新さんなんだろうか?謎だ!

http://be-prepared.at.webry.info/theme/16caa283d4.html
Posted by .Net at 2007年11月04日 20:54
BPSAの団が日本にあるって、なんかガセネタっぽいような・・・。
Posted by ibcjapan at 2007年11月04日 22:35
>ガセネタ

確かにそうも思っている訳ですが、スカ研でのPostなだけにチャンと確証を得たいなと思ってね、ただbpsa-ukにBPSAの団の経緯を尋ねる「メール三回、手紙一回」をするも現在に至っても無しの礫.....ibcjap1さんに聞いた話で、《ibcの調査では例の「〜隊」の類》で何年も存在してはいなかった見たいです。しかし日本に有っても良いんですがね、選択肢としては。「sajしかない」なんて状態が異常ですわな、選択肢が無いなんて現実は異常ですよね、日本に有っても良と思います、真剣に。
Posted by .Net at 2007年11月05日 09:11
坂本さんが温故知新さんであるのなら、坂本さんはクロさんの師匠で早稲田ローバーの先輩後輩ですのでとっくに行き着いているはず、と思いますよ。

日本に2団ある、という話がまずあり、その後どうやら関東らしいという情報があり、その後、兵庫でとなってる。

ガセとは言わないが実態のあるユニットであるのならこれだけの時間をかければどこかで何かの情報が引っかかってくるはず。

IBSにしても2年くらい前に業界ネットに名前が登場したころは数多の憶測記事があったけど今では登録済みの方がこうして身近にいたりする。

BSAの情報だって本国のはともかくとしても在日の情報は結構この業界関係者でも持っている方が少なくない。

わざわざ吹聴はしなくともこうした情報は大抵の場合要所にはいつの間にか集積されるはずなんですよね。 クロさんのところには現在400名の登録を持つ(しかもその大半が地区、県連、日連で何がしかの役をもっている/持っていた方)というScouting-ML経由の情報も入っているはず。

だからそれで捕捉出来ないというのはそれなりに意味のある情報なんだと思う。


もうひとつ、BPSA-UKに連絡して音信不通というのが一番気になる。
日本にあるかどうかは別として外部からの問い合わせに反応がないというのはそれ自体、組織の活動状態や有り様を表現してしまっている気がする。

どこかの時点でSAJあたりと一揉めあってそれ以来日本をオミットしている、なんてことがあるのなら別だけど・・・
Posted by 席亭 at 2007年11月06日 12:38
ふぅむ、一応手紙は日記にPostした日に速達エアーメールで出したんだけどね、

>外部からの問い合わせに反応がないというのは
>それ自体、組織の活動状態や有り様を表現

相当に閉鎖的なんだろうか?「日本で組織を立ち上げませんか?」っぽく誘い水も忘れずに書いたんだけどね。閉鎖的とは思いたくはないのでけどね.....
Posted by .Net at 2007年11月06日 13:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。