2008年07月21日

考えられない!

半年ぶりの更新になる。

これまでも腹の立つこともあったのだが日々の活動に追われて
腹立ちをきちんと記事にまで昇華させることのできないまま過ごしていた。


さすがにここまで書くわけには行かないな、ということもあった。

だが、もうさすがにいい加減あきれた。

どこから行こうか。


まずは地区がらみから。

今年は2年に1度の全国フォーラムの年である。
したがってそれまでに各県連盟1名の参加推薦者を選出する必要も
あるし、その機会ともなるように県フォーラムも開催される。

当然、県フォーラムには各地区から代表スカウトが参加するので
地区フォーラムの実施も必要だ。

そして、本来は地区フォーラムにスカウトを送りだすためにも、
そして地区や県に出られないスカウトの為にも隊フォーラムを実施し
隊での意見集約やフォーラムを経験する機会をもたなくてはならない。

本来ならば、である。

そしてそれらフォーラムの実施内容についても運営についても
出来るだけスカウト自信の手によって行い成人指導者は裏方や環境整備に
徹するのが本分のはずである。

本来ならば、である。


もうこの県、この地区のダメさ加減にはあきれるしかないが
本来の姿からは程遠い現状だった。 

わかってはいたけどね。

まず、地区フォーラム。

日程だけは4月の地区総会で明らかにされてはいたがその内容も詳細も
とんと公表されず、まあ本当のところは決定事項がなにもなく本番の2週間くらい前から泥縄のような仕儀で決定情報が各隊にもたらされた。

登録数2000を越える、ちょっとした県連規模を誇る地区でありながら
単地区では地区フォーラムすら実施できないテイタラクのために近隣
3地区の合同開催である。
しかもそのテーマは全国フォーラムとはなんの関連もないもの。
その決定の経緯にしてもきちんとした議論などなく会議を仕切っていた
とある団の育成会事情によって半ば強引に決定されたものだった。
なんで正論をぶつけて反対する声があがらないのか不思議でならないが
まあ、その程度の見識の方々が委員をやっているわけだ。

うちの隊では曲折を経つつも全国フォーラムに向けたテーマをもって
直前に隊フォーラムを実施のうえ地区フォーラムに臨んだが、当然の如く
隊フォーラムを実施してきた隊など他にはない。

隊フォーラムの報告議事録のコピーを持参して是非全国に向けた議論を、
と訴えてもなんだかんだでほとんど無視されることになる。

わかっちゃいたけどね。


そして、それが終われば次は県フォーラムである。

例によっていつまで待っても詳細が不明のままだったのだが今月(7月)
の初頭に県PG委員会から地区PG委員会に実施要綱が降りてきた。
各地区から5名の推薦をする、という参加枠もこの時に始めて公表された。

ところが我が地区PG委員会はこの件を審議していたのかただ抱え込んで
いたのかは知らないが2週間以上そのままあっためていた。
そして先週末にようやく地区フォーラム時に県への参加意向を示していた
隊にあてて案内が出た。
対象スカウトは11名。 でも参加枠は5名。
どうやって選考するのだろうか? その選考基準も明らかではないし
別段面接などが用意されているわけでもなさそうである。
たぶん11名のなかから数名は「やっぱりや〜めた」が出ることを想定
しているのだろうし、それでも5名を越えれば抽選にでもするのではないだろうか。 そしてそれが公平である、くらいに思っているのではないだろうか。

真剣勝負の地区フォーラムを実施しそこできちんと「選考」する、なんていう概念は
はなから持ち合わせていないのだろうから、(その証拠に地区フォーラムは本当のフォーラムとは似ても似つかないフォーラムの説明講習会の域を出ないものだったしなによりも最終の合意形成たる決議文採択をしていない!)その程度の認識なんだろうと思う。

うちは当初から真剣に全国を目指して隊フォーラムを実施して地区に参加した。
さらには県にむけて更なる隊フォーラムを公開実施し意識を高めて準備をしている。

だが、くじびきで県への参加が叶わなかったらどうスカウトに説明すればいいのだろうか?
スカウトの参加姿勢が、スカウトのフォーラムへの理解が、そして意欲が参加に及ばず、と評価されるのなら致し方ない。
(うちのスカウトの姿勢ではまだ不足というのならそれはたいしたものである)
だが、そこまで真剣に考えての選考がなされるなんて考えられないのだから既にスカウトへの言い訳のしようはない。


だからこうした行事を『アリバイ工作』と言われるのだ。

各委員、各担当者は襟を正していただきたい。
posted by It's classified. at 18:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103310670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。