2009年10月19日

ベンチャー隊長の行く末

いまのところなんとかお役御免にならずに隊長の任についている。

だが、どうもこのまま安泰、とはいきそうもない思いがここ1〜2年
ついて回っている。

この際どちらが良い、悪いは一切言わないことにするが団の方針
(そんなものがあれば、の話だが)と私の活動方針、活動理念は
軌を一にすることが難しくなっているような気がしている。
団としても今のところは私以外にVS隊長の任につける人間がいないので
任せているが・・・、というニュアンスをそこかしこで感じる。

まぁ、それが当方の穿った見方であるのならそれに越したことはない。

非常に口はばったいが、この活動の原理を念頭におき、基本的な7つ
の教育法に則って活動しているつもりである。
そして数多ある青少年育成の方法のなかで「あえて、ボーイスカウト」
であることを選択して活動しているつもりである。

だが、そこがどうもうまくいかない元なのかも知れない。

私はスカウターでありたいと思っているし、ボーイスカウトである
ことに必然性を感じている。

だから経済的に制服を揃えることが難しい、といった特殊な事情の
無い限りは活動は制服にて行うもの、と思っている。


ところが昨日、当団BS隊が出掛けて行った夏の県キャンの慰労会
は「制服不可」のお達しが出ていた。
指導者が労をねぎらって夜、一席もうけた、というものではない。
スカウト、指導者をとある団の野営場に集め昼間から集会を行うのである。
なぜ、制服を敢えて不可として身分を隠すような活動をするのかが
どうにも理解ができない。


よその話ばかりではない。
当団の団行事が来月実施される。
この行事はBVS,CS年代のリクルートが大きな目的であり
間口の広さ、ハードルの低さに留意しているのはよくわかる。
だが、それでも「制服不可」で実施するところがやはり私には
理解ができない。

昨年から実施されているので今さら驚きはしないが、なんとも
釈然とはしずらいところである。



ボーイスカウトはやはりレッドブックに載せるのが妥当なのかな、
と思うような出来ことである。
posted by It's classified. at 08:01| ☔| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。