2007年11月16日

あまりにお粗末

ちょっとありえない話しを耳にした。

ある県での出来ごとである。
一人のベンチャースカウトがめでてく富士章を取得した。

その伝達式を県連の意向で県カブラリーの場で行うことに
したそうである。
カブラリーという機会をどう捉えるかは賛否あると思う。

原隊で厳かにやるのがいい、という意見もあるだろうし
出来るだけ多くのスカウト、特に後輩スカウトの憧れと
なるように大きなイベントの際が望ましいという意見もあろう。

ここではカブラリーという機会が適切かどうかは問題と
しない。

問題はこのカブラリーが、このスカウトの富士取得がなって
から2ヶ月後である、ということである。

つまりこのスカウトは取得なったはずの富士章を2ヶ月間
お預けをくっていた、ということになる。

伝達は県連役員がこのスカウトの隊の団行事なりに出向いて
実施し、 それとは別枠で2ヵ月後のカブラリーの席上で
お披露目をする、という方法だってあっただろうに、ただ
カブラリーの日まで「県連の意向」でお預けにした。


そして、更なる悲劇がこのスカウトを襲う。

その待ちわびたカブラリーでの伝達の直前、県連事務局長が
富士章と証明書を県連に忘れてきたことが発覚した。
この事務局長は舌をだしてごまかした、というからもう何を
いう気もうせる。

そうはいっても無いものは仕方がない、とばかりに展示資料
にあった富士章ワッペンをはがしてきて、形式だけ伝達の
『真似』をやってその場を切り抜けたそうである。
『切り抜けた』と思ったのはおそらく県連の大人だけでスカウト
本人はとても納得できるものではなかったであろうことは
容易に想像できる。

そして、とうとうその日一日、県連の役員はこのスカウトに
謝罪することがなかったそうである。

『スカウトは誠実である』
小学校5年生でBSに入隊したその日に唱えなくてはならない
「おきて」の最初の項目である。

常日頃、スカウトの現状をあれこれ言っている役員がこれである。

ホンネとタテマエにしても度が過ぎている。


実はこの話には後日談があり、それから結構な期間がすぎている
にも関わらず、このスカウトにはいまだに富士章が手渡されて
いないのである。

県連に置き忘れたはずの富士章が紛失中だそうである。
この後にいたっても、「どこかにあるはずだから」と日連に
再交付申請もされずに放っておかれている。
もちろん事情説明も謝罪もそのスカウトには一切無しのままで。

心ある隊指導者は心底怒って欲しい。

10000歩譲ってミスはいた仕方ない。
速やかに非を認め、しかるべき行動を取るならば! である。

再交付を申請すれば当然、この情けない紛失劇を白状する必要
に迫られる。 その責任の擦り付け合いが県連内部で起きている
のかもしれない。

しかし、そんなことはこのスカウトには一切関係がないのである。

どこの県連もこうだ、とは勿論言わない。

しかし、こうした情けない、そして恥ずべきことが組織の
ある程度「上」と考えられている場で起きている。
きっとこれに類するばかばかしい話はほかでも起きているの
ではないか、と思う。


更に信じられないのは、この顛末をこの隊の隊長がSNS上で
日記にした。

すると・・・・
「それは隊長の愚痴でしょ」というコメントが一つならず
寄せられた。

私にはこうした仕儀を受けて激昂しないで居られる泰然自若と
した振る舞いはできそうもないが、それにしても何故こうも
醒めた言を寄せることができるのか。

自分のスカウトが理不尽な仕打ちをうけて平然と居られる、と
いうことは隊長として必要な資質なのだろうか・・・・・


暗澹たる気分になる話である。
posted by It's classified. at 13:31| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。