2007年11月09日

技能章考査

技能章の考査について地区への不信が高まっている。

知っての通り技能章の考査員は登録時に地区経由で申請(推薦)し
県連盟の元に委任される。
そして、この私も1件の技能章について考査員として登録されている。

本来この技能章の認証は地区が直接的に関与するものではない。

規定では原隊隊長がスカウトの意をうけて指導し、あるいは適切
な指導者に依頼し技能章の訓練、指導を受ける。
期が熟したところで隊長は登録されている技能考査員に「考査依頼書」
によって考査を依頼する。

考査員が各技能章に設定されている授与基準に達しているかを
面接、実技、口頭試問、レポート提出などの方法によって考査し
考査合格を判断したら依頼元の原隊隊長に考査結果を書面で戻す。
原隊隊長はその通知をうけて団の進歩担当団委員に技能章の交付
を申請し、その交付をうけて隊活動、団行事などの席上で当該
スカウトに授与する。 同時に地区に対しては「統計資料として」
技能章取得を報告することになっている。

これは細かい部分を別にすれば概ねどこの連盟でも同様のプロセス
を踏むものと思う。


ところが、である。
数年前からうちの地区では団内での技能章考査はまかりならん、と
通達が出ていた。

例えば私はスキー章の考査員だが私はうちの団のスカウトの
スキー章の考査をしてはいかん、ということなのだ。

これが野営章とか炊事章とかスカウト活動にとって米の飯という
ような技能章であるのならいくらでもお願いできる考査員はいる
だろうし、考査を受ける機会もそれほどむずかしくなく設定できる
とは思う。

ところが例にあげたスキー章の場合は実地滑走の考査が必要である。
つまりスキー場にスカウトとともに赴かなくては考査ができないの
である。

これが団内の考査であれば隊スキー、団スキーといった機会をつかい
考査することができるが、それがダメといわれたら団外の考査員を
招聘しなくてはならない。
その場合の考査員をスキー場まで呼ぶためのアゴ、アシはだれが持つ
というのだろうか? 地区PG委員会? そんなはずも無い。
結局考査を受けたいスカウトが負担するしか方法がない。 
あるいは考査員にスキー場までの費用負担を自弁で強いることになる。

そんなことまでして団外の考査員がきてくれるはずがないし、呼ぶ
ほうだって遠慮せざるをえない。

そこでこうした例をあげて2年前に通達がでたころからPG委員長に
直談判してこうした団外考査員の招聘のむずかしい項目については
団内でもOKの言質をとって運用していた。
事実昨年、うちのスカウト1名に団スキーの期間中に考査を実施し
認定してる。

ところが今期、この『団内の考査禁止』が全面的に明文化されて地区
の規則となった。
そして、その説明会の席上で方策として考査員が「考査会」の開催を
地区に申し出て地区主催の考査会として実施すれば考査を受けるスカウト
が団内だろうと団外だろうと地区の考査会である以上団という枠組み
は問題にならない、という説明を受けた。

そこに光明を見出しやむなく納得してその説明会は終わった。


上進式を終えた頃にそろそろ時期だ、と判断し地区PG委員長、副委員長に
「スキー章考査会」の実施を申し出た。
全ての段取りはこちらで取る。 地区主催のステートメントと参加者募集の
手続き、さらには実施当日に地区委員1名の派遣だけをお願いできれば万事OK、としての申請である。

ところが2週間たなざらしにされ、RTで顔をあわせたときに事情説明まで
したにもかかわらず、次のPG委員会でちょっと議題にのり、訳のわかんない論理でペンディングという名の棚晒し、時間切れのフェードアウトに追い込まれたらしい話を知り合いのPG委員より教えてもらった。

すでに約1ヶ月前の話である。
ところがいまだにPG委員会(委員長)からの正式な回答はなにも着ていない。

まったく納得はできないが仮に否決されたとしてもその旨を提案者に
対して告知する義務は間違いなくあるだろうに!

この地区の地区運営は一事が万事この調子である。

どこにもスカウトの為なんていう真意は見えない。

定例化された地区行事を泥縄式に展開することで汲々とし、本来必要な
議論や現場から提案されたことはできるだけ先送りする。

もう事項だからここで晒すが、ずっと以前にBS部門の班長合同訓練の
隊長に立候補したことがある。 
別にとりたててやりたかったわけではないが、現状のままでは悲惨な
ことになる、との判断で当時のBS担当副コミと相談し担当副コミに
正式に立候補と伝えた。
そしてコミ会議でその副コミは動議としてあげてくれたのだが、最年少
で実績がないことが理由か、彼の動議はほとんどまともに審議されたことが
ないのだった。
そして、そのときもなんとなく、きちんとした否決ではなくネガティブな雰囲気
が漂うだけで通り過ぎ、その2ヵ月後に別の隊長が決定された。
立候補した私に正式な通知は今にいたるもまったくない。
誰に決定してもいい、私が必要なければそれでいい。
もとより誰にも受け入れられる存在とはおもっていない。

腹が立つのはその否決の仕方とその後に通知もなしにほっかむりをして
しらばっくれるその体質だ。

今回の技能章についてもまったく同じにおいがプンプンする。

今月の地区を揚げて大イベントが終わったら、この技能章考査会の
件は委員長に直談判してケリをつける。

そしてそこでも納得のいく回答が得られなければ技能章に関しては
地区を無視することにする。
幸いなことに技能章考査は全国共通である。

どこの県連盟に委嘱された考査員であっても考査が可能なのだ。

全国の有志考査員にお願いして本人の状況をレポートなり成果物なり
で証明すればいいだけのこと。


腹が立つよりもあきれてモノが言えない。
posted by It's classified. at 19:51| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。