2007年11月16日

あまりにお粗末

ちょっとありえない話しを耳にした。

ある県での出来ごとである。
一人のベンチャースカウトがめでてく富士章を取得した。

その伝達式を県連の意向で県カブラリーの場で行うことに
したそうである。
カブラリーという機会をどう捉えるかは賛否あると思う。

原隊で厳かにやるのがいい、という意見もあるだろうし
出来るだけ多くのスカウト、特に後輩スカウトの憧れと
なるように大きなイベントの際が望ましいという意見もあろう。

ここではカブラリーという機会が適切かどうかは問題と
しない。

問題はこのカブラリーが、このスカウトの富士取得がなって
から2ヶ月後である、ということである。

つまりこのスカウトは取得なったはずの富士章を2ヶ月間
お預けをくっていた、ということになる。

伝達は県連役員がこのスカウトの隊の団行事なりに出向いて
実施し、 それとは別枠で2ヵ月後のカブラリーの席上で
お披露目をする、という方法だってあっただろうに、ただ
カブラリーの日まで「県連の意向」でお預けにした。


そして、更なる悲劇がこのスカウトを襲う。

その待ちわびたカブラリーでの伝達の直前、県連事務局長が
富士章と証明書を県連に忘れてきたことが発覚した。
この事務局長は舌をだしてごまかした、というからもう何を
いう気もうせる。

そうはいっても無いものは仕方がない、とばかりに展示資料
にあった富士章ワッペンをはがしてきて、形式だけ伝達の
『真似』をやってその場を切り抜けたそうである。
『切り抜けた』と思ったのはおそらく県連の大人だけでスカウト
本人はとても納得できるものではなかったであろうことは
容易に想像できる。

そして、とうとうその日一日、県連の役員はこのスカウトに
謝罪することがなかったそうである。

『スカウトは誠実である』
小学校5年生でBSに入隊したその日に唱えなくてはならない
「おきて」の最初の項目である。

常日頃、スカウトの現状をあれこれ言っている役員がこれである。

ホンネとタテマエにしても度が過ぎている。


実はこの話には後日談があり、それから結構な期間がすぎている
にも関わらず、このスカウトにはいまだに富士章が手渡されて
いないのである。

県連に置き忘れたはずの富士章が紛失中だそうである。
この後にいたっても、「どこかにあるはずだから」と日連に
再交付申請もされずに放っておかれている。
もちろん事情説明も謝罪もそのスカウトには一切無しのままで。

心ある隊指導者は心底怒って欲しい。

10000歩譲ってミスはいた仕方ない。
速やかに非を認め、しかるべき行動を取るならば! である。

再交付を申請すれば当然、この情けない紛失劇を白状する必要
に迫られる。 その責任の擦り付け合いが県連内部で起きている
のかもしれない。

しかし、そんなことはこのスカウトには一切関係がないのである。

どこの県連もこうだ、とは勿論言わない。

しかし、こうした情けない、そして恥ずべきことが組織の
ある程度「上」と考えられている場で起きている。
きっとこれに類するばかばかしい話はほかでも起きているの
ではないか、と思う。


更に信じられないのは、この顛末をこの隊の隊長がSNS上で
日記にした。

すると・・・・
「それは隊長の愚痴でしょ」というコメントが一つならず
寄せられた。

私にはこうした仕儀を受けて激昂しないで居られる泰然自若と
した振る舞いはできそうもないが、それにしても何故こうも
醒めた言を寄せることができるのか。

自分のスカウトが理不尽な仕打ちをうけて平然と居られる、と
いうことは隊長として必要な資質なのだろうか・・・・・


暗澹たる気分になる話である。
posted by It's classified. at 13:31| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

技能章考査

技能章の考査について地区への不信が高まっている。

知っての通り技能章の考査員は登録時に地区経由で申請(推薦)し
県連盟の元に委任される。
そして、この私も1件の技能章について考査員として登録されている。

本来この技能章の認証は地区が直接的に関与するものではない。

規定では原隊隊長がスカウトの意をうけて指導し、あるいは適切
な指導者に依頼し技能章の訓練、指導を受ける。
期が熟したところで隊長は登録されている技能考査員に「考査依頼書」
によって考査を依頼する。

考査員が各技能章に設定されている授与基準に達しているかを
面接、実技、口頭試問、レポート提出などの方法によって考査し
考査合格を判断したら依頼元の原隊隊長に考査結果を書面で戻す。
原隊隊長はその通知をうけて団の進歩担当団委員に技能章の交付
を申請し、その交付をうけて隊活動、団行事などの席上で当該
スカウトに授与する。 同時に地区に対しては「統計資料として」
技能章取得を報告することになっている。

これは細かい部分を別にすれば概ねどこの連盟でも同様のプロセス
を踏むものと思う。


ところが、である。
数年前からうちの地区では団内での技能章考査はまかりならん、と
通達が出ていた。

例えば私はスキー章の考査員だが私はうちの団のスカウトの
スキー章の考査をしてはいかん、ということなのだ。

これが野営章とか炊事章とかスカウト活動にとって米の飯という
ような技能章であるのならいくらでもお願いできる考査員はいる
だろうし、考査を受ける機会もそれほどむずかしくなく設定できる
とは思う。

ところが例にあげたスキー章の場合は実地滑走の考査が必要である。
つまりスキー場にスカウトとともに赴かなくては考査ができないの
である。

これが団内の考査であれば隊スキー、団スキーといった機会をつかい
考査することができるが、それがダメといわれたら団外の考査員を
招聘しなくてはならない。
その場合の考査員をスキー場まで呼ぶためのアゴ、アシはだれが持つ
というのだろうか? 地区PG委員会? そんなはずも無い。
結局考査を受けたいスカウトが負担するしか方法がない。 
あるいは考査員にスキー場までの費用負担を自弁で強いることになる。

そんなことまでして団外の考査員がきてくれるはずがないし、呼ぶ
ほうだって遠慮せざるをえない。

そこでこうした例をあげて2年前に通達がでたころからPG委員長に
直談判してこうした団外考査員の招聘のむずかしい項目については
団内でもOKの言質をとって運用していた。
事実昨年、うちのスカウト1名に団スキーの期間中に考査を実施し
認定してる。

ところが今期、この『団内の考査禁止』が全面的に明文化されて地区
の規則となった。
そして、その説明会の席上で方策として考査員が「考査会」の開催を
地区に申し出て地区主催の考査会として実施すれば考査を受けるスカウト
が団内だろうと団外だろうと地区の考査会である以上団という枠組み
は問題にならない、という説明を受けた。

そこに光明を見出しやむなく納得してその説明会は終わった。


上進式を終えた頃にそろそろ時期だ、と判断し地区PG委員長、副委員長に
「スキー章考査会」の実施を申し出た。
全ての段取りはこちらで取る。 地区主催のステートメントと参加者募集の
手続き、さらには実施当日に地区委員1名の派遣だけをお願いできれば万事OK、としての申請である。

ところが2週間たなざらしにされ、RTで顔をあわせたときに事情説明まで
したにもかかわらず、次のPG委員会でちょっと議題にのり、訳のわかんない論理でペンディングという名の棚晒し、時間切れのフェードアウトに追い込まれたらしい話を知り合いのPG委員より教えてもらった。

すでに約1ヶ月前の話である。
ところがいまだにPG委員会(委員長)からの正式な回答はなにも着ていない。

まったく納得はできないが仮に否決されたとしてもその旨を提案者に
対して告知する義務は間違いなくあるだろうに!

この地区の地区運営は一事が万事この調子である。

どこにもスカウトの為なんていう真意は見えない。

定例化された地区行事を泥縄式に展開することで汲々とし、本来必要な
議論や現場から提案されたことはできるだけ先送りする。

もう事項だからここで晒すが、ずっと以前にBS部門の班長合同訓練の
隊長に立候補したことがある。 
別にとりたててやりたかったわけではないが、現状のままでは悲惨な
ことになる、との判断で当時のBS担当副コミと相談し担当副コミに
正式に立候補と伝えた。
そしてコミ会議でその副コミは動議としてあげてくれたのだが、最年少
で実績がないことが理由か、彼の動議はほとんどまともに審議されたことが
ないのだった。
そして、そのときもなんとなく、きちんとした否決ではなくネガティブな雰囲気
が漂うだけで通り過ぎ、その2ヵ月後に別の隊長が決定された。
立候補した私に正式な通知は今にいたるもまったくない。
誰に決定してもいい、私が必要なければそれでいい。
もとより誰にも受け入れられる存在とはおもっていない。

腹が立つのはその否決の仕方とその後に通知もなしにほっかむりをして
しらばっくれるその体質だ。

今回の技能章についてもまったく同じにおいがプンプンする。

今月の地区を揚げて大イベントが終わったら、この技能章考査会の
件は委員長に直談判してケリをつける。

そしてそこでも納得のいく回答が得られなければ技能章に関しては
地区を無視することにする。
幸いなことに技能章考査は全国共通である。

どこの県連盟に委嘱された考査員であっても考査が可能なのだ。

全国の有志考査員にお願いして本人の状況をレポートなり成果物なり
で証明すればいいだけのこと。


腹が立つよりもあきれてモノが言えない。
posted by It's classified. at 19:51| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

団の中で言えること、言えないこと

今回は完全に愚痴になってしまうことをまずお詫びしておく。

現在うちの団には4隊が存在し当然だがそれぞれに隊長がいる。

みな必死に活動を支えていることは間違いがないのだがどうも
温度差というか、向いている方向の違いというか、が気になる。


正直いって私にはBVSはわからない。
今期は大半が上進してしまい1名からのスタートを余儀なくされ
ていたのだが、上進式と前後して入隊があり現在3名、(4名
だったかもしれない)そして1〜2家庭の見学者が現在検討中で
CSスカウトの兄弟でも入隊を検討している状況がある。
つまり、なんとかなりつつある。

活動内容はハイキングもあれば畑作業もある。 どこだったか
社会見学のようなものもあるし盛りだくさんで活動頻度も高い。
だから私のような門外漢からみれば『いい感じ』なんじゃない
かと思っている。

隊で情報発信に向けてのブログ運営も活発で、長い記事こそ
ないが活動終了後3時間以内に更新されている。
活動報告以外の記事も随時UPされており非常に意識を高くもって
活動されいる。
(中身についての論評はなにせ私はBVS課程がわかんないので
 コメントのしようがない)
ほかにもありがたいことにうちの家内がBVS副長なものでVSで
の活動の様子やVSスカウトの頑張っている様子をBVSの保護者
に頻繁にPRしている。 これは効果があるようで、皆一様に
「うちの子もそんなふうに育ってくれるかしら」と期待を込めた
言葉がきかれるそうである。


CSは今期20人割れの18人でスタートしひやひやしていたが
現在23名まで持ち直し、見学検討中も若干いるそうなので
この部分では一安心。
VSから派遣したDSも熱心に活動参加しているようだし、今期
RS登録をやめてCS副長専任になったスカウトOBも以前のBSの
インスト時代とは見違える参加状況で活発な活動になりつつ
ある。 隊長の運営方法はこれまでうちの団では見たことの
ない方法を用いているのだが、仔細にみるとよく考えられて
おり、筆頭副長のフル参加が前提条件なのだが隊長はより保護者
対応や他隊との連携、団との調整にエネルギーを注げる状況
が出来つつある。
情報発信もブログを運営し(一時更新がとまっていたが再開)
活動状況の周知もなされている。


問題はBS隊。
昨年度私がVSに移動し後任に託したら精一杯やってくれている
ことは承知しているが、結果として進級や班運営がかなりガタ
ガタになった。 前年までのアチーブメントでなんとか1年間
乗り切ったがすでに前年までに蓄えた余力は使い果たした。
隊からの情報発信がまったくなかったことも問題だろう。
おまけに私はインストとして協力することになっていたのだが
一部副長が(この連中が1年前に私の追い落としを企図した)
私の助言、サポートを「隊長が2人いるようでおかしい」と
拒絶することを隊長に要求し、隊長も隊内融和のために渋々だ
がそれを飲んだ。 結果わたしの出る幕はなくなり、私はインスト
を辞任した。 その結果が進歩て停滞、進級基準の場当たり的
運用、上進率の低下、スカウトの技能レベルの低下といった現実
が発生した。 自慢するわけではないが一昨年時点で地区内でも
上位15%には間違いなくはいる隊のレベル(人数、活動頻度、
スキル、班活動)にまで引き上げていたからいまでも中くらい
の状態ではあるだろうが、このままいけば早晩目も当てられなく
なる。 そして、今期隊長交代した。
新隊長はそうした隊の現状を承知しており、さらに前年、くだ
らない戯言で活動を混ぜ返していた副長2名を任命からはずし
(要するに更迭した)新体制で必死にもがいている。
その点では期待しているのだが、前途に唖然としているのかも
しれないが団との距離をとってしまっている。

今期私が進歩担当の団委員を兼務して団内スカウトの進歩資料
を一元管理することになっており、1月から資料作成と提出を
依頼しているがBSのみまったくなされていない。
年度替りを期限に強行に迫ったが結局でっちあげの使い物に
ならないファイルを送ってきただけで即日つっかえして再提出を
要求しているがいまだに作成がされていない。 スカウトの野営
記録も要求しているが一向に送られてこない。

今期VS1名を上班で派遣しているが、お手伝いで送り込んだの
ではなく、当人のVSPJとして目標と計画をもって毎回の活動に
参加する必要上、どんなに遅くとも2週間前に活動計画をその当該
VSスカウトに送付してくれるよう要求しているが、先日の日曜
の活動計画がスカウトに送られたのは4日前。 しかもVS隊長の
私が直でBS隊長に連絡して催促しての結果がそれである。

そんな状態なので隊の情報発信なんぞ有らばこそ、である。
現在4隊の中で隊のブログのないのはBSだけであり、設置の
計画もないと先日の団会議で言い切っている。
やることが多くてそこまで手が回らないそうである。


言いたかぁないがそんな体たらくで一年、ギリギリの活動をして
来年の秋になったらVSに上進と数名のスカウトが私のところに
くるのだと思う。 もっとも来なければそれはそれで大いに困る
のだが。

そのときにそのスカウト達はBSでの活動を十分にやってきて
いるのだろうか?
大学入学後の最初の授業で中学校の計算問題までさかのぼって
演習をはじめるようなVS隊活動をするつもりは申し訳ないが
私にはまったくない。

さて、どうなるのだろうか??


そして、そうしたBS隊の問題点がなぜかは知らないが団で
きちんと認識されていないことも問題である。
じつは昨年度からBS隊指導者の団会議やそのほかの団行事への
参加率が極端に悪く、BS隊指導者と団関係者が緊密に話をする
機会がほとんどないのだから知らなくても当然かもしれない。

実は今週の日曜日に団の周年行事を行うことになっている。
発団以来お世話になった先達や近隣の関係者、そして現在の
団、隊指導者が集うその席にBS隊長は参加しないそうである。
副長を含めてBSからの参加はないらしい。
本音で言えば私も団との距離感はいぜんより離れている。
現実の活動の現状をどうしても今ひとつ理解してくれないところ
もあるし、以前にくればてほとばしる活動への情熱を感じる
ことがすくないから同席する魅力を感じないのは確か。

だが、それはそうであっても周年行事という(大人の世界では)
大きな節目の行事に最低限各隊の隊長、どうしても都合が就か
なければ代理の全権副長をだすのが「大人の」礼儀だろうと思う。

これでは団とのパイプはますます細り、隊の情報はますます外
からは伺えなくなり・・・・・


いったいなにやってるんだか。

書いてるだけで暗澹たる気分になる。
posted by It's classified. at 18:53| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

WB研修所・・・ナナメ目線

WB研修所に行って来た。

これまでに研修所3回、実修所1回。
行って損したと思ったことは皆無。
それどこどろかこれまでの人生でも上位にランクされる
感動体験を味わってきた。

運もいいのだと思う。
あたりはずれがある、と言われるWBの所員やチューターで
「これははずれかもしれない」と感じたのはほんの数名しか記憶にない。

それでも毎回、これはどうなんだろうか? と思うことがある。
現場指導者にはどう見ても見えない方が若干名参加されている
ケースがほとんどである。

大抵は団委員長、またはそれに準ずる方だと思われるのだが
どうにも気になる。

実修所の場合はコミになる為に仕方なく・・・というような
生臭い動機も場合によっては存在するのだが研修所ではどうした
コトなのだろうか?

いや、もちろん団委員長や団委員が参加していかんというのではない。
それどころか多くの場合はほかの隊指導者よりも高齢であるにも
関わらず精神的にも肉体的にも負担の大きいWBに参加するその
心意気には素直に頭を下げる。

が、多くの場合、その参加中の様子が気に掛かるのである。
課業にも班の生活部分でもそれなりに一生懸命活動されている。
そこに疑いはない。

でも、なぜか違和感を感じるのである。

その違和感はなんなのか、と考えてみるとご自分の殻(観念)
から出てこないことなのだと思う。

現場での指導経験が浅ければ実際の隊運営に関しては知識が
限られているのは致し方ない。 しかしこれは就任したての
隊指導者だって同じことである。

どうも彼らは「のめりこむ」ことをしないケースが多いよう
に思う。
ご存知の通りWBではグループワークも個人作業もあるし、その
結果の発表もある。 自分の意見表明もある。
こうした際にこれらの方々は際立つのである。

決してご自分から手を上げることがない。
もちろん一部の参加者を除けば最初のセッションから手を
あげまくる私のようなアホウは少ないが、それでもこの活動
の基本が「自発活動」である。 誰かに指名されて、とか順番
が回ってきたからなどというのは愚の骨頂である。
セッションが進むうちにほとんどの参加者はどこかで自分の
殻をやぶり自分から動くことを選択し始める。
そして、自分の発表や意見を傾聴してくれるスタッフや仲間に
勇気付けられて味をしめていく。

でも最後までそれをされない方が居る。

なんとももったいない話である。


どこの団にもそれぞれ事情がある。
必ずしも自ら望んでのWB参加ではないのだろう。
それはいい。 しかたがない。

しかし、実際に道心門をくぐったのならば世俗でのしがらみ
や立場、観念を棄てて4日間、のめり込みWBの一部になって
みてはいかがだろうか。

ベタな表現だが、本当に心が表れる瞬間がある。
この活動に出会えたことに感謝する瞬間がある。
指導者としてこの研修をうけ、その成果をスカウトの前で
見せる日を想い誇らしく感じる瞬間が必ずある。
・・・・・のめりこむことさえできるのなら。


醒めた状態でWBに存在すること、
スタッフにもほかの参加者にも、そしてなによりもご自身に
とって不幸といわざるを得ない。

地上の楽園とは4日間、のめりこむことが出来た人だけが
見ることのできる世界なのだから。



posted by It's classified. at 19:52| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。